MUSKHANEのブランドストーリー

パリのマレ地区にショップを構えるMUSKHANE
ネパールの美しい自然や人々に魅了され、フェアトレードをすべく、2003年に立ち上げられたブランドです。

“ムスカン”はネパール語で「笑顔」という意味。そこにはオーナー夫妻の、「このプロジェクトに関わる人みんなを笑顔にしたい」という思いが込められています。
従業員とパートナー、そして環境や社会、顧客にもリスペクトを…という考えにもとづいてブランドを運営するMUSKHANE。
環境に配慮した製品をサスティナブルな形で提供することで、そうした理念を、購入者のみなさまとも共有したいと考えるMUSKHANEのその姿勢は、魅力あふれる商品を生み出す原動力ともつながっているのかもしれません。

そうしたブランドの世界観を背景に、ネパールの職人による伝統的なハンドメイド技術で、オーガニック素材のフェルトやカシミヤがパリの洗練されたデザインに生まれ変わります。

カトマンズの渓谷の工房で手作りされているMUSKHANEの製品。
MUSKHANEのコレクションの象徴的な素材、フェルトウールは、別名、ボイルドウールと言われています。その発祥は紀元前7世紀にさかのぼります。中央アジアの羊飼いがコートや帽子、ラグ、タペストリーを作るのに使ったそうです。また、防水のため屋根に使っていたことも。
その制作過程はまさに職人技。紡いだウール、せっけん、そして水を使い、圧縮させることにより作り上げられます。
そうして職人が作ったファブリックは、驚くほど柔らかく、水に強く、そして遮音性にも富んでいます。

天然素材の恵みを活かし、優れた伝統的技術で、美しいプロダクトを創り出すMUSKHANE。生活の中に溶け込む優しい存在感は、そんな背景から生み出されています。

本日ご紹介したブランドはこちら
MUSKHANE(ムスカン)